マスターズ2018の日程や優勝賞金は決まっていない?トリビアまで

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

いよいよ今季2017−2018シーズンのメジャー初戦、マスターズ・トーナメント(4月5日から8日/ジュージア州、オーガスタ・ナショナルGC)が始まります。

昨今のゴルフトーナメントのスケジュールは、PGAツアーが中心になり組まれていることから、PGAツアー参戦のトップエリート選手は、年間を通し長期休暇はまず取れることなく、一年中、アメリカ本土から世界中を駆け巡っり、数多くの試合に出場されています。

我が国JAPANも、松山選手が世界ランカーとなるなど大躍進続き、国内のゴルフ人気はV字回復の復活、ゴルフ熱がドンドン熱急上昇で、LPGAの人気も重なり、業界では第3ブームが到来が来ていると!!!!

さらに、最近は日本のゴルフ選手も、PGAツアーにヨーロッパツアーやアジアツアーと国内ツアーから飛び出し、海外ツアーにバンバン挑戦していますよね。

松山選手に続く、世界ランカー誕生も近いかも

世界中のゴルフプレイヤーが優勝を目指すのが試合が年間4回あります。

それが、4大メジャー試合と呼ばれる、『マスターズ』『全英』『全米』『全米プロ』の4試合です。

そして、そのメジャー試合の中で、誰もが王者となりたいNO1のメジャーが、毎年4月1週目に行われる、『マスターズ・トーナメント』です。

日本の選手ははもちろん、世界のゴルフ選手も、ゴルフを愛する人、それほどゴルフをあまり知らない人までもが魅了する、『マスターズ・トーナメント』とは、どのような試合なのでしょうか?

みなさんにトレビア情報を混ぜながら、ご紹介したいと思いますそれでは、はじめていきましょーーーーう。

Sponsored Links

マスターズとは、ゴルファーたちの夢の祭典

その舞台は、『オーガスタナショナルゴルフクラブ』です

マスターズ公式サイトより

なぜ、夢の祭典と言われているのか?

それは、試合の準備期間が関係あるようです

ここでトレビアーーーー

毎年4月に開催せれた後、数ヶ月間のみオープンをし、秋口の10月ごろから全ゴルフコースをクローズします。これは、翌年4月開催の『マスターズ・トーナメント』の為だけの準備が開始されます。オーガスタインターナショナルゴルフクラブの全スタッフの入念な整備が行われ世界で一番美しいと言われる、コースが4月に完成するのです。

マスターズは記録が生まれる大会で有名

この、オーガスタナショナルゴルフクラブの生みの親は、ボビー・ジョーンズです。

史上初めて年間グランドスラム達成した選手でもあるボビーが設計者とも建設をはじめます1931年1月オープンし、1934年に記念すべき第1回のマスターズが開催されます。

ここでトレビアーーーー

バーディーの最多記録は

1999年 スティーブ・ペイト

2005年絶頂期のタイガーウッズの7連続バーディー

さらに難しいイーグルは2連続

2010年フィルミケルソン(13番・14番)※15番のサードがあと5センチでイーグルだった

そして、アルバトロスは4人

近年は2012年 ウェストヘーゼン (2番)

初めては第2回大会の1935年ジーン・サラゼンが15番で達成している、

ここでトレビアーーーー

ethanさん
当時のままボールはクラブハウスに展示されているそうです。

 優勝賞金はマスターズならでは?

他のゴルフの試合ではまずないのが、『マスターズ・トーナメント』の賞金金額の設定です。

マスターズの賞金総額や優勝賞金は、大会3日目までの入場料の収入とグッツ売れ行きで左右されます。なので、今の時点では決まっていないんですね

マスターズ 優勝賞金 推移の紹介
1934年(第01回)  1500ドル
1950年(第02回)  2400ドル
1960年(第24回)  17500ドル
1970年(第34回)  25000ドル
1980年(第44回)  55000ドル
1990年(第54回)  225000ドル
2000年(第64回)  820000ドル
2010年(第74回)  1350000ドル
2017年(第81回)  1980000ドル(約2億1千万円)

確かに賞金としても世界最高峰の試合ですが、あくまでも優勝賞金の金額です。

優勝した選手は、名誉とともにスポンサーなどの特別ボーナスなどなどがあります。

ここでトレビアーーーー

ethanさん
全金額合計は日本円で10億?とも言われてます

なぜ、グリーンジャケットなのか

このジャケットは、マスターズを制したものだけにしか手を通すことのできないジャケット。

これこそが王者の証

全ゴルフプレイヤーがグリーンジャケットの獲得を望む、だらかこそ、マスターズが最も勝ちたいメジャー大会なんだと ”フィル・ミケルソン”

では、なぜグリーンジャケットが特別なものになったのでしょうか?

グリーンジャケットは創設から3年たったころ始まりました、当時は試合を見に来た人たちへメンバーか見分けられるようだったようです。

でも、なぜ優勝者にジャケットなのでしょう?

それは、創立者である、ボビー・ジョーンズが1930年にグランドスラムを達成した全英で優勝した時にもらったことが始まりのようです。

この時のエピソードは、当時優勝者へはトロフィー授与のみだった、1930年全英オープンに出場した時、前日におこなられた、開催地のロイヤルリバプール・ゴルフクラブの夕食会で、クラブのメンバー全員が着用していた赤いテールコートに目にとまり関心を持った、ボビーにメンバーのケネス・ストカーが優勝したら「このコートを譲るよ」

そして、ボビーは見事に優勝をコートを譲り受けけ、ロイヤルリバプールGCの生涯メンバーになった。

この出来事がマスターズトーナメントを創設した際、グリーンジャケットのアイディアを提案したことが始まりで、王者の証グリーンジャケットが送られるようになったのは、1949年第13回サム・スニードが優勝した際セレモニーで送られるようなり、その後表彰式で前年の王者が新王者へ送るという伝統が始まりました、また、連覇を達せした王者の場合は、GCオーナーがその役目を行います。

今まで複数回王者は、前回のジャケットをセレモニーで袖を通します、よほど体型が変わらない限り、グリーンジャケットはひとり、1着のみとされています。

さらに、王者の証ジャケットは『オーガスタナショナルゴルフクラブ』以外では着れないのです!ゴルフクラブ敷地から持ち出すことも禁止されています。

ただし、優勝した年のみ持ち出しは可能で1年間は様々なところで着用し、メディアやイベントなどに参加されています。

持ち出し期限後は、クラブ内にある「チャンピオンズロッカー」で大切に保管されます。

つまり優勝者が手にしたジャケットは、マスターズの開催期間のみ、1年数日だけ、袖を通すことができるのです。

グリーンジャケットにきて、凱旋帰国する松山英樹が見たい

優勝した選手は、ジャケット以外にも、2つ送られます

マスターズトロフィーと金メダルをです。

産経ニュースより転機

勝敗の分け目のアーメンって

毎年様々なドラマが埋めれ、私たちに感動を与えてくれてます。マスターズの舞台として今まで多くの伝説を残してきた、オーガスタインターナショナルGCですが、その中でも最もドラマを産むのが、11番から13番まで4ホール。

1958年大会の激闘を制したアーノルド・パーマーのある新聞記事が始まりのようです。

この4ホールがアーノルド・パーマーが王者となった分かれ道だったことから、アーメンコーナーとして命名され、それ以来、オーガスタの難しさの象徴となった。このアーメンコーナーはよくよく11番から13番までの4コースと思われがちですが、

ここでトレビアーーーー

ethanさん
実はレイズクリークが流れる部分をさし、11番のグリーンに載せるセカンドから13番までのティーショットまでをさします。

11番はホール難易度2位 で平均スコアーが4.29、コースの中で最も長い505ヤードのミドルホールです、とにかくここは、風と肝とされていますが、、

ここでトレビアーーーーー

ethanさん
グリーン手前のコブ!

次に12番は世界一美しいショートしかし、最難関とされています。難易度は4位、平均スコアーは3.28で155ヤードど短い。コース内で一番低い位置にあります

ここでトレビアーーーーー

ethanさん
隣接のコースから風が集まり、グリーン上空は乱気流!

近年で一番苦しんだのはジョーダン・スピースですよね

そして13番 難易度17位で平均スコアー4.79の510ヤードのロングなので、イーグルも狙いやすいのだが、しかしグリーン手前のクリークが牙を剥く

ここでトレビアーーーーー

ethanさん
歴代ワースト記録は13打の中嶋常幸

この13番はスコアーが動く場面が多く、優勝争いの最終日に大きなドラマが起きることがあるので注目です。

昨年の王者ガルシアもティーショットの大きなミスを最高のリカバリーでパーをセーブし、グッと王者を引き寄せましたよね。

毎年大会前日のディナーとは

マスターズを制したものだけが参加できる非公式のディナーがある。

歴代優勝者とオーナーのみが許されるとのこと、しかもコースの食材は前年王者が選択するとはなんとも楽しみなディナーですよね

覚えてますか、ジャケット。

参加する王者は、全員がワイシャツにネクタイと軽装で訪れます、そして、「チャンピオンズロッカー」に行き、自らのロッカーから上着をとり、袖を通すので(鳥肌!!)

ここでトレビアーーーーー

ethanさん
タイガーが歴代王者のために選んだものは、なんと ハンバーガー!!!!
 nbsp;

放送日程

毎年通例のTBSのみの放送のようです

曜日はアメリカ時なので日本では深夜から早朝になります

予選初日 4月5日(木)
23:56-01:25 TBS 全国系列地上波
04:00-08:17 TBS 全国系列地上波
予選2日目 4月6日(金)
00:35-01:35 TBS 全国系列地上波
04:00-08:00 TBS 全国系列地上波
決勝   4月7日(土)
00:15-01:15 TBS 全国系列地上波
04:30-08:30 TBS 全国系列地上波
最終日  4月8日(日)
00:15-08:22 TBS 全国系列地上波

日本出場選手

松山秀樹 5位

宮里優作 初

池田勇太 29位

小平 智 初

日本選手含む参加者は86名です。

まとめ

The Masters Theme Song

をお聞きください

『マスターズ2018の日程や優勝賞金は決まっていない?トリビアまで』お送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

最後になりますが、やはり今年一番注目はタイガーの復活です。タイガーは4度王者になっている歴代最高のプレイヤーです。現在のヘッドスピードは今季ツアー1位と戦うレベルまで上がっています。3年ぶりの出場の42歳、5度目となる王者になるのか、また、復活優勝をした、ミケルソンにババに。

さらにさらに、怪我も完治した、松山!

寝不足になる4日間楽しみです

最後までご覧いただきありがとうございます。

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする