簡単だと噂のフェアウェイウッド、飛距離+20ヤードのクラブ試打したので紹介

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

みなさま、イーサンです
先日、あるメーカーさんからのお誘いを受け、ゴルフクラブの試打会に行ってきました。
そのメーカーさんは、関西にある地クラブメーカーさんなのですが、
今回は都内にある室内練習場での試打会。
全国規模で、大手ゴルフメーカーをはじめ、国内外のシャフトメーカー地クラブメーカーと数十社が参加していました。

Sponsored Links

私が招待された日は、メディア日でしたので、
男子、女子プロからTVコメンテイターに男女ドラゴンチャンピオンの方までいらっしゃる、完全な場違い。

あまりの状況に戸惑い、かなり躊躇しましたが、せっかくお招き、見たことのないギアがワンサカ展示されている。これは、楽しまなきゃ損とばかり、様々なクラブやシャフトを拝見させてもらいました。

かなり、楽しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!
数多い試打クラブの中から、今回は前々から気になっていた、あるメーカーさんクラブを実際に打たせてもらいました。
思っていた通り、好印象でしたので、みなさまにご紹介したいと思います。
そのメーカーさんは
ゴルフパートナープライベートブランド
NEXGEN です。
ゴルフをされている方は、どこかで聞いたことがあったり、TVや雑誌などでかなりの宣伝をされているので
ご存知の方も多いですよね。
でも、みなさまがご存知なのは、おそらくドライバーではないでしょうか?
おそらく
NEXGEN 6 とE.I.F シャフト 
組み合わせですよね。
私も一年以上前に打ちましたが、好印象だったのを覚えています。
たしか、すごい人気で新品は2ヶ月待ちの納期だったことを記憶しています
人気は今も衰えてないようです。
この素晴らしいパフォーマンスの組み合わせのフェアウェイウッド 
を打たせてもらいました。
やはり、注目度は高くすでに数人待ちでしたが、滅多にないチャンスなので、順番を待つことに。
今回の試打は自分が買うための試打ではなく、今レッスンしている方向けにと考えています。
レッスンしている方は、ヘッドスピードが遅い方や初心者の方、これからゴルフに本腰を入れよと考えている方数名です。
試打会には、トラックマン 設置され。
数字の計測ができる打席があったのでヘッドスピードを30キロ台に抑え打つことにしました。
試打クラブは
15°、18°、21°(3w 5w 7w)、
案の定ヘッドスピードを抑えての打ったので、3Wはまともな数字が出ることなく、正直厳しかったです。やはり、3Wは40キロ台出ないと中々いい球が出ません。

しかし、5W、7W はとても良かったです。

ヘッドスピードを抑えていても、しっかり捕まりますし弾道も高く、スピン量も適正数値。

あえて、ダフリ気味やトップ気味にしても、きちんと飛んでくてます

きっと、ミスに対して寛容範囲が大きいのでしょう。

少しばかり、打ち込み気味で球を潰しに行っても、シャフトの反応が良く、とてもいい弾道がでました。
試打会のため、多くの球を打ち込むことができませんでしたが、はじめてUTを打った時のような感じ、ミスに強く、やさしいクラブでした、やっぱり、シャフトがすごいのかなーー

FWが苦手な方

非力な方(高齢)
ヘッドスピードが決して早くない方に
おすすめしたいです。
やっぱり、E.I.F シャフトは優れものですね。
気になる方はチャックしてください

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする