2018沖縄旅行が心配と緊急家族会議!訳がマジで真剣すぎ!

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

皆様こんにちは、イーサンです

本日もお越しいただきありがとうございます

今日もいつものように会社へ出勤していますが、午後は恒例のWBへ「外回りー」&「NR」と行かさせていただきまーーーす。

いつもの定食屋でぼーーと、サボることを考えていた時、LINEに入電。

思わず『ウォ!!!!!』とびっくりし叫んでしましい、同僚にドン引きをくらってしまった😆

世のお父さん達は経験あると思いますが、娘からの突然LINEが来たからなのです。

何しろ、前回は「あけおめ」の一言でしたので、数ヶ月ぶりですようね、

いやーー〜ーでも、嬉しかった😍

でも、娘からのLINEは少し意味深な文面で

「今日帰り何時?」

「GWの沖縄旅行のことで、緊急家族会議やるから」

「早く帰ること」

なので、私は即既読にし

イーサンさん
はい。6時には帰ります

と、即返信しました。(娘は未読)( ;  ; )

GWに予定をしている家族でいく沖縄旅行のことで家族会議って、流石に心配になり、

妻へ確認LINEをしたところ、一言の返事

「麻疹」と。。。。。。

ますます、心配と訳が分からなかったので、昼食を速攻で済ませ、帰社し机上を整理し、荷物をまとめ、WBへ記入し、スタバへ駆け込み、ググってみたところ

沖縄で麻疹が大流行!で、学校閉鎖も

衝撃の記事を発見、早速調べましたので、紹介して行きたいと思います

それでは、はじめて行きましょーーーーう

Sponsored Links

沖縄県のHPのトップページに

麻しん(はしか)患者の発生状況について

のリンクを発見

今、沖縄での麻疹が流行って、大きな問題になっているようだ、その流行は、台湾から沖縄へ観光旅行に訪れた外国人から始まったの記載が、

麻疹を発症していたのにも関わらず、自分では気づくことなく、観光を楽しみ、レストランやホテルなどで、近くにいた人たちに感染を広げてしまったようです。

そして、パンデミックとは言えないまでも、感染が広がり、17日現在、調査中も入れて、62名に及んでいる。

なぜ、騒ぐ

同じころ沖縄旅行をしていた、10代の日本人男性が感染。

気づくことなく、帰省先の名古屋市へ

そこで異変を感じて、病院を受信し「麻疹」と診断を受ける。しかしこの男性は4月上旬まで沖縄旅行、その後埼玉県内の学校へ数日間通学をする、その後、品川から名古屋に新幹線で移動をしたそうで、大勢の人への感染が不安視されているようだ。

一人の感染者から日本全土へ広がることも懸念されている

たった一人の感染から全国に広がることも懸念されますNOZOMI SHIYA/BuzzFeedから

なぜ、懸念する

今、沖縄から広がっている「麻疹」に対してなぜここまで騒ぐのか?そこには、「麻疹」の恐るべき感染力にあるようです

「麻疹」の感染では空気によるのもだと書いてある。

しかも非常に感染力が強く、インフフルエンザの数倍あるという。インフルエンザの場合は、くしゃみや咳などで空気中に広がった粒子も2m以上離れた人までは届くここなく、地上に落ちてしますが、「麻疹」の粒子は、インフルエンザに比べ、小さく軽いので空気中を浮遊し、次から次へと感染する可能性があるようです。

「麻疹」のウィルスは、「麻疹ウィルス」と呼ばれ、一般に販売されている「マスク」では予防にならないようのです。

それに私たちが一般的な感染症の中でも、感染力が最強のウィルス感染症だと言うのです。

その症状は

感染すると10日から12日ぐらいの潜伏期間のち発熱や咳などの症状で発症します。38℃前後の熱が2〜4日間続き、全身の倦怠感に咳に鼻水、くしゃみ、風邪の症状に似ているところもあるようなのですが、目の充血に口の中に白い斑点が出たりすることも

発症期とされるのは1週間程度、熱は4日程度で落ち着きが、「麻疹」の特徴でもある、赤く少し盛り上がった発疹身体中にあらわれます。そして、10日から14日程度で回復します

1番の恐怖は

治療薬がないって
イーサンさん
まじかよ
では、対処法はごくごく一般的でした

・水分を十分とって

・発熱には頭部を冷やし

・暑すぎない程度に保湿し、保温する

・病院で診察を受ける

イーサンさん
メロン食べて、安静にして寝ている、ことだよね。

ワクチン接種が最善の策?

私のように50代だと、確か麻疹のワクチン接種はしていないけど、小学生の頃かかったようなかかってないような?

まさに、これが緊急家族会議のレジメ!

よって、1日も早く、病院へ行きワクチンを打つことに決まり

近所の内科医院へ確認するといつでも、接種することはできるようで、料金は5000円とのことでした

これによって、流行りを止める

先ほども書きましたが「麻疹」の感染力が強く、空気感染する、しかも治療薬がない、これは簡単にパンデミックを起こすことがある一つのウィルスです。

ワクチン未接種やかかってない人が、流行になる前にワクチン接種を心がければ、これ以上の流行を止めることができますね。

最後に

少し前になりますが、今回のように麻疹が流行り、話題になった時がありました、それは2016年の関西空港の空港職員が33人も発症し社会問だになり、様々なメディアで取り上げられたことがありました。

私たち日本では「麻疹」は「排除状態」となっています。

それは、感染症に対して、ワクチン接種の習慣が当たり前にしてきた経緯があるからだと思います。

でも、なぜか2016年、2018年と短期間に流行をしているのも、現実なんですよね

イーサンさん
どうしてなのか

今回のような海外からの渡航者による輸入感染!

これは、ある意味防ぎようがないのですが、責めて私たちは、外渡航時には、ワクチン接種を行うことをおすすめします

今回は「2018沖縄旅行が心配と緊急家族会議!訳がマジで真剣すぎ!」をお送りしてきましたが、いかがでしたか?

最後までご高覧ありがとうございます

それでは、いい日をお過ごしください

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする