新学期を迎える家族におすすめのパワースポット!湘南七福神めぐりを紹介

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

ぶらり湘南七福神めぐり

「七福神」その名前は聞いたことがあっても、由来など詳しいことは意外と知られていませんよね。

逗子と葉山では「湘南七福神」と呼ばれる小規模な七福神めぐりがちょっとした人気なっています。

全国的な規模の人気ではなく、あくまでも湘南地区の風物詩みたいなものですので、巡る人が少ない分、一人あたりのご利益が大きいと言われているんですね。

本来は、年始の福の神を尋ねるのですが、今回は新学期を迎えるお子さんや新社会人さんへのご多幸を祈って、紹介させてもらいます。

さて、湘南七福神とは
七福神とは、「恵比寿」「大黒天」「毘沙門天」「弁財天」「福禄寿」「寿老人」「布袋尊」の七柱の神のことで、それぞれを祀った社を順にめぐり、縁起を呼ぶお参りこのとを「七福神めぐり」と言います。
室町時代から広まったと言われていて、日本古来の神は「恵比寿」さんだけで、そこにヒンドゥー教の神「大黒天」「毘沙門天」「弁済天」中国の神「寿老天」「福禄寿」「布袋尊」からなり「七難即滅、七福促成」の説にもとづいて、
七福神を参拝し、七つの災難が除かれ、七つの幸せが授かると言われているんですね。
「湘南七福神」は逗子と葉山にわたり七つのお寺で構成されてます
七福神めぐりとしてご開帳されるのは、毎年元旦から1月10日までの10日間です。
範囲はそれほど広くないので、気軽に回ることができるのも人気
電車、バス、車、慣れている方は自転車、更に徒歩でという方もいます
共通点は「高野山真言宗」に属してます

Sponsored Links

湘南七福神めぐりの楽しみ
 

上の色紙を最初のお寺(順番は自由)で購入して、それぞれのお寺を回る毎に御朱印をもらいます。

また、「福笹」に吊るす「福顔」を呼ばれる土鈴も一緒に購入しこれも集めて回ります。

お納めは?

色紙や福笹を最初のお寺では1000円、そのあとの6つお寺では「福顔」が300円、朱印が100円となります。年始以外でも購入することができますが、売り切れていることがあります。

七福神のお寺を紹介
葉山 恵比寿  玉蔵院 
葉山町一色2154  ☎ 046−875−3531
京急バス旧役場前下車 すぐ  
福徳 大黒尊天 宗泰寺
逗子市桜山7−7−1 ☎ 046–873–9425
京急新逗子駅南口下車 徒歩5分
長柄 毘沙門天 仙光院
葉山町長柄1439 ☎ 046−875−2007
京急葉桜住宅行バス才戸坂上下車 徒歩8分

逗子 弁済天 逗子大師 延命寺
逗子市逗子3–1–17 ☎ 046–873–9322
京急新逗子駅北口下車 徒歩3分

宝仙 福禄寿尊 東昌寺
逗子市池子2−8−33 ☎︎ 046−871−4575
京急神武寺駅下車 徒歩3分

円満 布袋尊 長運寺
葉山町長柄615   ☎ 046−875−2609
京急バス長柄交差点下車 徒歩5分

福徳延命 寿老人 光照寺
逗子市沼間2−20−17 ☎ 046−871−3254
JR東逗子駅下車 徒歩5分
福笹に下げた湘南七福神の「福顔(お姿)」

御朱印の魅力
七福神めぐりでは色紙や福笹のお姿が参拝の証となりますが、これ以外にも、やはり御朱印帳に墨書きで拝受する御朱印もあります。
近年はパワースポットめぐりということで、TVなどでも多く取り上げられていますよね
アートのような美しさを秘めた魅力的な御朱印を、まずは神仏に手を合わせて参拝したあと、拝受しましょう。
最後に
今回は、逗子、葉山の「湘南七福神」をご紹介させていただきましたが、神奈川県には他にもたくさんの七福神がありますので、お近くでぜひ探されて、参拝されたはいかがでしょうか?
今回も最後までご覧いただきありがとうございます
また、お会いしましょう
では、いい日をお過ごしください。

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする