トルコ地下都市はどこにあるのか?何だコレ!?ミステリーで紹介

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

それは、カッパドキア、デリンクユの巨大な地下都市だった

1963年、トルコのネヴシェヒルに住む男性が、自宅の壁を壊したことで発見された、

それは、とても、謎に多き部屋の数々であった。

男性はその後も、掘り続けると、さらにさらに洞窟が発見され、いくつもいくつも、連なる部屋が現れ、その部屋を繋ぐように、トンネルが発見されていった。

こうして発見されたのが、

中央アナトリアのカッパドキア地域の一部にあるデリンクユの地下都市です。

その創りは、とても精巧に出来ていて、まるで地下ネットワークが完成されているよう。

あちこちに、いくつもの入口が存在し、洞窟中には鍾乳洞、井戸に縦横に無限に通路でつながっていた。

現在に至るまでの、何世紀もの間、発見されることなく、巨大な土に埋もれたままだった。

この地下都市が、どこまで広がっているのか今だに解明されていない、果たして、どのようなのなのか詳しく紹介していこうと思います

それでは、はじめていきましょーーーーう

Sponsored Links

地下都市の歴史

この地下都市は実は標高1000メートルの高原にある。火山活動のさかんな地域にあることから、大昔から火山灰に埋もれ、長い時間をかけ今日見られるような溶岩ドームや荒々しいピラミッドのような岩が形成されたと言われています。

数千年前の住民(ヒッタイト人)が火山灰がわりと和らいことを知り、岩を掘り、削り部屋を作り始めたのでは。地下空間は温度が一定に保たれているため、当時の厳しい気候にの対応ができ、食料の保管にも最適だったのではと。。。

地下トンネルの役割は

実際には地下トンネルを誰がいつ作ったのかは不明だが、いくつかの見解があります

ヒッタイト人説

紀元前15世紀から12世紀の間、天敵のフリギア人の奇襲から身を隠すためのトンネルで、ヒッタイト人に関する遺物が決して多くはないが発見されている

フリギア人説

紀元前8世紀から7世紀

トンネル内で発見された遺物は実はフリギア人のもので、ヒッタイト人との戦いにおける戦利品である、非常に高度な建設技術が必要なトンネル作成には、当時のフリギア人は必要なスキルがあったと多くの考古学者が評価を下している

ペルシャ人説

この説は一番遠いとされているようです

経典の一部に『偉大なる伝説のペルシャ王イマが地下に宮殿を建築』という話が出てくるだけ。。。。

いずれにしろ、カッパドキアの地下都市についての古い文献は『アナバシス』とういもので、作者のクセノフォンはアナトリアの人々は地下に掘った家に住み、食料、家畜など何でも収容するため、どんどん広がったと書いている。自然に出来た岩などを削り作られているため、この巨大な建造物がつくられた年代を特定することは不可能かもしれないと、多くの考古学者も言う

地下都市は魅惑なのか

カッパドキアの地下都市はどこまでひろっがているか?いまだに解明をされていない、ここまで文明が発達した現代ですら。その証拠に2015年に過去最大の多きさの地下都市が発見されている。さらにそれはまだ一部という。規模、構造はこれまでの最大デリンクユの地下都市、カイマクルを上まるようです

ただ、デリンクユも最大でも最古もと言えないが、もっとも地下深くまで掘られた地下都市のため魅力的なのは確かなことと言われています、そして、今も住み続けている人がいるのも神秘的

今発見されている地下都市は最大9層

blogimg.goo.ne.jp

特徴

今現在発見されている地下都市の最も深いところは85mで、9層構造のようです。現在は一般公開もされています。発掘作業はおわっていませんが、考古学者の見解では、18構造と推測されています

どこまで続いているか不明なトンネルだが、非常に考えられて作られている。真っ暗なトンネル内はあえて人の侵入を防ぐため、狭く作られ、侵入したものは縦一列で進むことしか出来ない。さらにおおくの洞窟でつながっている、おおよそではあるが、数万人は十分収容できる多きさでもあり、学校や教会に墓地まである。

地上からの出入り口は、茂みの中にあり一見わかりづらい。

その数は数百箇所あり、重さ500キロある大きな岩のドアで閉ざすことで、地上からの脅威から地下都市を守ったとされています

地下生活を叶えた最大技術

人は飲み水がなければ生きることはできない。これは、現代でも変わらない。生きる上でまずは飲み水の確保!

地下都市でこれを可能にしていたのが、最下層を流れていた川が井戸を満たしたのである

原始的な灌漑システムだが、生きる上の水を確保できたのである

最後に

現在はデリンクユ観光が可能です。デリンクユとは、深い深い井戸という意味だそうです。

長い時間をかけ地下水が減少したことで地上の街が水不足になったが、1965年にやっと水のインフラが完成し、デリンクユは1969年に一般公開始まりました。しかし、地下都市の見学は10%程度のようです

見学時期は夏場は午前8時から午後7時、冬場は午前8時から午後5時まで、入場料は約7ドル程度。

今回は『トルコ地下都市はどこにあるのか?何だコレ!?ミステリーで紹介』をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

まだまだ、未知のことが多くさらなる発見もあるかもしれません

その度進捗をしていきますので、またご覧いただければうれしいいです

それでは、いい日お過ごしください。

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする