東京タワーで発見、新体験デートVRとは何か?最寄り駅や料金など紹介。

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

皆様、こんにちはイーサンです。

今回は、様々なメディアでも多く取り上げられ、多くの若者に注目を浴びている

VR(バーチャル・リアリティー)型アトラクションが東京タワー!

に登場し、大反響を呼んでいるので、ご紹介していきたいと思います。

そもそも、VRって

2016年に登場しこの年が「VR元年」と言われているのご存でしたか?実はVR関連の市場は、世界で8兆円規模と言われ、テレビやNETでも大々的に報じられています。

なので皆様の「VR」は一度は耳にしたことがあると思います。

バーチャルリアリティーの訳なのですが、一般的に「仮想現実」と訳され、

コンピューターなどの、電子技術を使い、私たちの視覚、聴覚、嗅覚、味覚の五感を刺激し、現実との区別がつかないほどの体験をすること指しています。

今話題の「VR」ってどんなモノ?

今話題を独占しているのは、頭部にゴーグルのようなものを、装着するヘッドマウントディスプレイを使い、360°すべてを映像化し、体験者が感じられるというものなんです。

その技術を用いた、アトラクションが

「MEGASTAR JOURNEY」メガスター・ジャーニーです

VRゴーグルをつけて、宇宙の旅にでます。

まるで、宇宙空間に飛び出し全身で星の海へ、そして、友達、恋人と青く輝く地球を眺めたり、月面散策も出来たります。これは、全く新しい体験型のプラネタリュウムなんですね。

これを可能にしたのが、空間移動型VRシステムも「ABAL」

バーチャル空間 で自由は歩行、参加者同士のコミュニケーションが出来ます!

なので、参加者同士「握手」「ハイタッチ」などでき、リアル⇔バーチャルのシームレスな世界観を体験できるんです。

Sponsored Links

メガスター・ジャーニーのストーリーは
開業60周年を迎えた東京タワーの地下で、エレベーターらしき謎の乗り物が発見される、実は60年前大田平博士という天才科学者が開発し、地中深く隠したとされる乗り物時空エレバーター」だったのです。
これが、時空の歪みを作り出し、宇宙空間への光速移動を可能にした驚異的な発明だったのです。
発見された「時空エレベーター」はさらなる研究と解析を行うため、宇宙開発の第一人者トム・ジョーンズ氏に託される。その後、トム氏自身の管制により、東京タワーで再起動を行うこととなる。
参加者達は、「時空エレベーター」の制御用アンドロイド=時空エレベーターガール「エリカ」と一緒に、銀河系を周遊する旅路へ。
ガラス張りのエレベーターから見える景色は、東京タワー、街、空、星空、宇宙への移ろい、着いたのは月面。
月から見渡す星たち、青く輝く地球を眼下にする。参加者みんなが、散策を楽しんでいる時、
耳を切り裂く警告音が鳴り響くーーーーーーーーーー
ここからが すごかったーーーーー 

豪華声優陣にも注目

豪華絢爛とはこのことかな。

ナビゲーターのエリカ役に「林原めぐみ」さんーー有名すぎて説明入りませんよね。でも私が一番推しは「ワンピース」のレベッカかな

管制官のトム役に「小山力也」さんーーーも有名すぎです。やっぱり、24−TWENTYFOUR ジャック・バウアーですよね

と豪華な声優陣が広大な宇宙への旅へと誘います。

MEGASTAR JOURNEY(メガスタ・ジャーニー)概要
会期 ・2018年1月27日(土)〜4月9日(月)
住所 ・東京都港区芝公園4−2−8
時間 ・10時〜21時
料金 ・1人 1800円(税込)
交通 ・大江戸線赤羽橋徒歩5分 日比谷線神谷町徒歩7分 JR浜松駅徒歩15分

まとめ

東京タワー新感覚VRプラネタリュームが凄すぎ!

ワクワクMAX!楽しみ最高潮!思わず妻の手を握りしめます。

VR技術は日に日に進化を遂げ、今はここまでの体験が出来る素晴らしい技術ですね。

最近はDVDに映画館、ゲームセンターでも体験、またVR専用のアトラクション施設等の多くのアミューズメントパークで体験でき、ますます身近なものになってきています。

VR技術者は近い将来この技術は、私たちの生活に溶け込み、日常で使用せれてくる?

まるで、幼いころ見たSF映画のような、日々が訪れるかもといっています、どうなんでしょう?

それが、本当に訪れるとすると、ますます人と人が触れることなく、血の通った関係がなくなることに、私は寂しさと怖さを感じますが、皆様はいかがですか?

しかし

「MEGASTAR JOURNEY」メガスター・ジャーニー

面白すぎ!!!!!!!!

皆様もリアルな宇宙散歩を是非体験してみてください。

公式HP

http://megastarjourney.com/index.html

最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、またお会いしましょうm(_ _)m ☆彡

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする