福田財務省事務次官が『実音声』の公開に画像と自宅や家族構成は?

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

我が国日本の財政のTOPが・・・

財務省の福田淳一事務次官が複数の女性記者への、不快な発言をしたとして、4月12日の発売の週刊新潮が報じてから、早速「実音声」が本日メディアで公開されました。

音声はデイリー新潮が公開

週刊新潮の記者が不快な発言について、朝愛犬の散歩時に直撃取材し、真相を確かめようとしたが、ご本人からは「そんな事言っていない失礼な」とかなりのご立腹な様子も公開されています

財務省のTOP 麻生氏は

財務省の事務次官が不快な発言を繰り返したとの報じられた事について、13日の閣議後の会見時に、「事実だとするなら、それはセクハラという意味でアウトだ」と述べましたが、「内容がどの程度、事実かどうかわからない」とし、処分に関しても「考えているわけではない」と否定をした。

麻生氏は、前日の強気発言に比べると、流石にトーンが下がっていたように感じましたが、度重なる、問題に困惑を隠せないようにもみられた。

では、福田事務次官の音声

みなさまいかがでしょうか?

私たちの税金が使われている人だと考えると情けなくなりますよね

福田事務次官のプロフィール

生年月日 1959年

出身地 神奈川県

年齢 58歳

1982年に東京大学法学部を卒業

同じ年に、旧財務省の大蔵省に入省、同期は驚く事に

あの、佐川、迫田です

でも、片山さつきさんも同期でした。

自宅らしき画像も

女性記者の背後の表札は「福田」とも見えますよね

さらに自宅まえには、白のクラウンが止まっているように見えますよね

しかし、動画や画像からは住所が特定できる部分がなく

今日のところは不明とします

奥様は

これも官僚のTOP

高石邦男元文部事務次官の娘さんのようです。

かなりの美人との噂があるようですが、画像などの情報はありませんでしたが、みなさまも記憶にあると思いますが、高石邦男さんはあの「リクルート事件」で、収賄罪で最高裁判所で懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決が出ています

これでは、奥様の心労が計りしれませんね

しかし、女性としては、音声や報道が本物だとすると、許す事ができないのではないと思います

最後

このような問題が次から次へと出てきている、安倍内閣

本日、世論調査では

支持率 38%=「納得できず」が7割となり、調査すればするほど、下がり続けています

みなさまも安倍総理の問題に、もしをつけて考えてみてはいかがでしょうか?

それはそれは、恐ろしい事を感じるはずです

もし、森友学園への指示をしていたら

もし、お友達の為の学校新設を可能にしたら

もし、夫婦関係が破綻していて、会話が全くなく、奥様が権力を利用していたら

本日最後までご覧いただきありがとうございました

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする