大阪!道頓堀で呑んだ、シメの美味しいうどんは「加寿屋」さんだ!

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

こんにちは、イーサンです。

今回は、大阪府にある、庶民から愛され続けている「加寿屋(KASUYA)}」さんをご紹介したいと思います。

関西では、そばよりうどんのほうを好まれる方が多いと言われますよね。うどんと言えば、全国的にポピュラーなのはやはり、「きつねうどん」ですよね、これ大阪が発祥ってごぞんでしたか?

実はもう一つ大阪で生まれ、じわじわ全国区にありつつあるメニューが「かすうどん」なんです!

発祥地は南河内地方の郷土食材の’油かす’’’’’’’’’’’’’’’

油かす?ってえーーーーーーって思われますようね。それがくせになる本当美味しんですよ。「油かす」は、牛の小腸(ホルモン)と細かく刻み、水分や余分な脂肪分を油で揚げ飛ばしたものになります。

油で飛ばす事により、低脂肪になり、コラーゲンも増加、高タンパクの食材にあり、これを南河内地区では、昔からうどんなどに入れて食べられていたんですね。今で言うトッピングですね😊

このかすをうどんにいれ、完成したのが「かすうどん」になります。このかすに着目したのが、南河内出身の社長。そして、1995年、藤井寺市で産声をあげたのが、「加寿屋KASUYA」です。大規模のきれいな店舗というより、小屋っぽい外観が特徴で、赤を主にした大きな看板にかすうどんと書かれた看板に特徴があり、メニューは数十種類になります。

お味は

かすは、まわりはカリカリと香ばしく、中はぷるぷるとした独特の歯ざわりに特徴があります。長い時間手間暇かけて完成させた、ダシにトッピングします。ダシに油かすからでる、肉の旨味成分が溶け、素晴らしいバランスで混ざり合います。特徴のある香ばしい風味になり、最後まで飲み干せる汁となります。

麺は関西風の柔らかうどん麺。この麺と油かすのカリッとした食感があい、一見あぶらっぽい印象のうどんもするっと一杯完食します。店内は男性も女性も多く、近頃では海外の方も多く見うけられます。私がよく利用させて頂いている店舗は道頓堀近くの法善寺店になります。

店内

古いく狭いですカウンターのみの客席なので10名でパンパンです。入り口もわかりづらく、初めて来る方は「ええええと」という感じになります。ちなみに前でも後ろでもどっちでも正解です。席があく方向で決まる感じですよ(結構いいラフです)

一瞬に

20年前、一人の男性が日本伝統の食(うどん屋)に着目し、藤井寺にある小屋風の店舗ではじめた「加寿屋 かすうどん」この独特の味が評判に評判を呼び、瞬く間に大人気になります。その人気は大阪市市内に広がり、今現在の店舗数は22店舗、大阪をはじめとする関西圏はもちろん、最近は東北、関東と全国区のお店とあなました。近頃は大きな駐車場完備したを路面店舗や焼肉メニューがある店舗、赤い看板が目印だった店舗に加え、白を基調としたうどんとホルモン焼きの合併が店舗も誕生しています。まさに飛ぶ鳥を落とす勢い!更に更に、油かすやうどんも通販で購入できるので、我が家の冷蔵庫にはスットクが存在です😊

生まれ育った地の食材を活かした商品が世に出て、成功すると、そのもも価値も高まりますが、更に発祥地の価値も同等に高まっていきますよね。大阪を代表する商品が生まれ、地域の活性化にも貢献できるんじゃないかなーと思います。これ本当に素晴らしい仕事ですよね。

まとめ

私は、大阪の友人たちと道頓堀で食事をする機会が多いのですが、やはり、シメはここでうどんを喰らうことにしています。道頓堀の呑みですから、串揚げに、たこ焼き、お好み焼き。。。と、さすがに若干胃もたれがって思うのですが、「かすうどん」はそれがないんですよね。ここが友人たちも気に入っていると思います。以前に比べると、女性や海外の方が多くなったのも、ここを評価しているんじゃないかなと思います。

全国に油かすを使ったうどん屋さんはたくさんありますが、この違いを、ぜひ一度味わって下さい。また、関西方面へいらした時は、

加寿屋さんへ足を運んでいただけたら嬉しいです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

また、イーサンの食べ歩きでお会いしましょう。

それでは、良い日をお過ごしくださいm(_ _)m ☆彡

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする