逗子の隠れ老舗ラーメン、「しなそば 小浜(こはま)」、地元に愛され続けている名店!

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

こんにちは、イーサンです。

今回は、知る人ぞ知る、ラーメン屋「しなそば、小浜」さんをご紹介します。

逗子海岸の渚橋交差点を葉山方面に向かうと、左手にかの有名な日影茶屋さんが目に入ります。その少し先の右側、若干控えめの看板目に入る。

なんか、「渋くない!」。

でも、外観からは飲食店には見えないず、古民家の趣すら感じる。車通りからも。少しだけ奥に入り口がはるので気づくことなく通り過ぎてしまいそうになります。

これはまさに、ひっそりした佇まいの名店と見える。

こいう外観は入りづらさがある。というのも、しなそばといえば、あの頑固ラーメンの名匠佐野さんのイメージが強いせいだと思い、昔、店内で一言も話せなかった苦いの想い出が蘇る(嫌いではないんですが、当時は賛否有りましたよね)😁

店舗の前には、駐車場2台分のスペースがありますが、広くない道路に面しているため、休日やランチ時は交通量が多いだけに、駐車には少しだけ、苦労します。

解消方法は、葉山マリーナ側から逗子海岸方面に来た方がストレスないですよ。

Sponsored Links

店内は

ひっそり佇まいにマッチしている、木製の引き戸!開けると木の温もりが感じる内観に古民家ポサが落ち着く、更に、隅々まで清掃が行き届いている感が有り、清潔感が気持ちいい。これは絶対に美味しいと心のなかで確信する。

ウッディー調のテーブルが5卓、店員は20名です。これが、お昼から閉店時間17:00まで(スープがなくなれば閉店)満席が続きフル回転しています。この日は13:00頃伺ったのですが、やはり満席。でも、ちょうど、先客がお会計時だったので、片付けをまって着席。

メニューはラーメンが数種類にワンタンにチャーハン、餃子とオーソドックスなメニューで構成されています。ここは、「しなそば」「わんたん」と「チャーハン」を注文しいつものように、妻とシャア作戦です。

さて、お待ちかねのラーメンは

注文後10分程度でラーメン、わんたんが運ばれてくる。第一印象「綺麗!!!!!!」

これほど、透明感の有る醤油のラーメンは本当に久しぶりだ、たしか、前に超人気店、朝から整理券をもらうために並んだ、湯河原の「飯田商店」さんを思い出す。このスープ綺麗だねの一言に妻も綺麗と。飯田さん以来かなーと、妻もそうかもと一言。ーーー(実は、妻はかなりのグルメです)

スープは和を感じ、ほどよく魚介のダシが効いた醤油だし。うーん美味しい。カエシの醤油がパンチがあり、麺とよく絡み、相性の良さが感じる。

ワンタンは、肉の量が少ないかなーと思うが、皮のモチモチ食感がよくスープと合い、これも旨い。ラーメンもワンタンも両方共、作りての拘りをすごく感じ完成度の高い、非常にバランスがいい出来になっていると思います。

チャーハンは

小浜には、このチャーハンのファンが多いんじゃないかなと、ひと目でわかるほど。

パラパラとしたご飯に綺麗に卵が混ざり、まさに黄金チャーハン。香ばしさが感じる香りも食欲をそそります。さらに、その量がすごい、妻と二人なら、ラーメンとチャーハンの二品で十分足りる。

一瞬に私は、満腹中枢をリセットしないと食べきれない。

その盛盛チャーハンには、スープが付いていて、このスープにも優しい心遣いがある。

ラーメン屋のよくある具なしラーメンのスープではなく、少しだけ、濃いかな?と感じるが旨い。アクセントにワンタンが入り、この心遣いが、少しだけ得した気分になる。

場所は

少し残念なことに、最寄りの逗子駅や新逗子からは徒歩だと遠い。おそらく25分以上はかかりそう。でも、この距離が、「小浜」さんのコンセプトにマッチしている。海沿いの通りにそこっとオープンしている。

やはり、「しなぞば 小浜」のネーミングが合っている。

そんな昔ながらの中華屋さんは、外観、内観とも昭和レトロ感にも浸しみ湧く。

老若男女からも支持を受けているようです。この日も10代の4人組におじちゃん、おばあちゃんご夫婦がいらして、ファン層の幅の凄さに感動しました。

まとめ

決して人通りが多いところでもなく、周りには観光スポットが多いわけでもない少し入りずらい立地にもかかわらず、地元の人をはじま、海を訪れるレジャー客、観光目的の人などなどが惜しげも無く通われている「しなそば 小浜」さん。

昼の休憩時間は無く、オープンの11:00からスープが無くなるまでの営業になります。

お店の外に大行列が出来ることは多くありませんが、満席に近い状態が多いので、時間を考えて来店して欲しいですね。

そこでは、是非ラーメンとチャーハンをご注文して、わたしが味わった、満足感を経験して下さい。

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

また、イーサンの食べ歩きでお会いしましょう・

それでは、良い日をお過ごし下さいm(_ _)m ☆彡

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする