東京駅ランチで中華食べたらサラリーマンに人気の老舗店だった!

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

こんにちは、イーサンです

今回は、東京駅は老舗中華の「泰興楼」をご紹介します。

東京駅は八重洲中央口から徒歩で3分ところにある、創業1949年、今年で69年!もうすぐ70年ーーーこれにはびっくりですよね。

老舗と言われるだけのことはあり、本格中華料理人が素材を活かした美味しい中華を提供してくれます。

「泰興楼」は八重洲中央口から日本橋方面に向かい、椿屋珈琲店の交差点を左折すと、大きな看板が目に止まります。外観は少し高級感がる中華料理屋さんの雰囲気、ちょっとびっくりするのが、さほど大きくない店内に円卓がどーんと置いてまります、これが、ランチ、ディナーとほぼ満席状態なのです。ちなみにフロアーは全部で3つ。ゆっくり食事をしたい上の方なら3階がおすすめです。

さて料理は

本格中華料理屋さんなので、メニューは豊富。その中、やはり一番のおすすめは「担々麺」と「餃子」の2種類です。

「餃子」は次として

まずは「担々麺」

を喰らって欲しいですね。ランチ時は多くのサラリーマン、女性の方もこの担々麺を食べています。

やっぱり担々麺といえばゴマの存在がとても大きいラーメンですよね。多すぎるとゴマの味にスープが負けて、少なすぎると「担々麺じゃないな」と。。。。。

実は私はここの担々麺を食べるまで、麺類の中で苦手なメニューだったんですよ。それはゴマのばっかり際立ってラーメンより辛いゴマを食べている印象が強くて、美味しいというおみせでも、いつも、避けていたんですね。

それが、ランチどきに、ふと寄った「泰興楼』さんでは、多くのお客さんが、担々麺を注文しているので、つい勢いで注文し、この「担々麺」が大好きになり、都内でいち推しになりました。その訳とは、ズバリ!!!!!スープです。麺との相性もバッチリですが、何と言っても辛さとゴマの風味の絶妙なバランスが最高です。一度食べて本当やみつきになります。辛いスープなのに、最後まで飲み干せる、そんなスープなんです。

ただ、苦手は苦手なので他のお店で担々麺を注文したことはないですが(T_T)

さらに、餃子

初の方は、実は一人前(4個)注文はしないほうがいいかも☺

餃子好きの人達も納得点がでるモチモチ食感、厚めの皮なのにこの食感でぼってとしていない。皮だけでもいける旨さがあります。

泰興楼=東京老舗ジャンボ餃子という屋号って思われている方も多くいらしゃっるはずです。ネットや本ではこの紹介が圧倒的に多いですよね。

その餃子の大きさときたら、10センチ以上。食いしん坊の私でさえ3個でもう十分になります、ちなみに妻は1個でOKでした。なので、ここの餃子は個数での注文ができます。ラーメンなどのサイドメニューで2個注文ーーーなんて感じです。

大きだけじゃないの

大きさだけが目立って、味もざっくり何でしょ!と思って注文しないと後悔します!本格中華料理を提供してくれることだけあって、本場の職人さんの手作り。野菜中心のヘルシーな仕上がりに、モチモチ食感が癖になるこの皮。程よいニンニクが風味を増し、美味しさ満足!追い餃子をしてしますほどです。

まとめ

今回、イーサンの食べ歩きでご紹介した、老舗本格中華料理屋さん「泰興楼」では、やはり「担々麺」➕「ジャンボ餃子2個」のセットを食べていただきたいですね、それはちょっと多いな〜と言う方や女性の方は、餃子1個にしてもOkですね、是非、ゴマの風味に相性抜群の皮を堪能下さい、本格中華を提供されているので、コースメニューも豊富です。、ディナーなら円卓を囲みながら、大勢で「ワイワイ」本場中華の味で、お腹も心も満足感満たされるでしょう。ただ、一点「要確認注意事項」泰興楼さんのある場所は、

サラリーマンの町、東京駅です。平日と休日の人口密度の差が半端ないです。よって日曜日、祝日はお休みです(多くの店舗も同じです)泰興楼さんは他にも自由が丘店がありますので、曜日が会わない方は水曜日休みの自由が丘店へ足をお運び下さい。

最後までご覧いただき感謝します。

また、イーサンの食べ歩きでお会いしましょう。

それでは、いい日をお過ごください。m(_ _)m☆彡

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする