鎌倉で波音で目覚める宿「海宿 グッドモーニング材木座」の朝食

Sponsored Links



Pocket
LINEで送る

こんにちは、イーサンです、

本日もイーサンの食べ歩きにお越しいただきありがとうございます。

それでは、さっそく鎌倉は材木座の「海宿グットモーニング材木座」さんをご紹介します。

今回ご紹介するお宿、お店は鎌倉材木座海岸から徒歩0分、134号線沿いにあります。最大の魅力はと一押しは材木海岸から吹く海風、潮の香り、波の音。。。。ですね。

宿を背に海を眺めると、右手由比ヶ浜から稲村ヶ崎が目に止まり、左手には逗子マリーナ、そして、何よりも正面には、視野いっぱいに広がる鎌倉の海、その先には富士山を見ることができます。この眺望は鎌倉の中でも抜群のロケーションでしょう。

本音は眺望は無料で見放題ですよね。でも、ここの景色はお金を払ってまで、肉眼で実際に全身で感じ、脳裏に焼き付けてほしいて、心から本気で思います。

「海宿」は

長年別荘として利用されていた建物をリニューアルし、2016年8月に宿泊&食堂としてオープンされ、新オーナにより新しく生まれ変り、リニューアルとよぶにふさわしい変化と遂げた宿です。

新オーナによるリニューアルをしたとはいえ、やはり、元々は別荘と使用していた建物、決して大きな宿泊施設へ変わった訳ではないです。でも、ここにはどこにも負けない鎌倉の海があります。建物自体はこじまりしていても、一歩外に出れば、最高の視界をすべて埋め尽くす青い海が広がります。この開放感こそ、このお宿の最大も魅力ではないでしょうか!

素朴な雰囲気を大切に活かされたお部屋からは、波の音、風の音が聞こえ、心地良い時間が過ごせます。オーシャンビューの部屋で過ごす時間に雑音は入りません。全ての時代の文明と言える家電の電源はOFFにし、自然の音に耳を済ませていただきたいです。必ず素敵な想い出ができますよ。

朝日がのぼり、海を光が照らし始める頃、目覚ましい時計などなくても、自然と目が覚めるのことでしょう。人は自然の中にいると、体内時計が働くのでしょうか?デジタル社会なんか忘れたいと心が叫びます。

チェックインの際、朝食の時間を選ぶことが出来ますので、海沿いでの自由な朝の過ごし方をお楽しみいただけるのも魅力ですよね。私がおすすめする過ごし方は、材木座海岸を散策し、海でひと遊びしてほしいです。お戻りのあとはシャワーを浴び、空腹感を更にマシ、ここの朝食を喰らってほしいです。

その朝食は

日本のザ、ソウルフード朝食です。

ご飯に味噌汁、卵焼きに、焼き魚、香り物

そんな誰でも好まれる、素敵な朝食がいただけるんですね。この朝食は宿泊者以外の方にも提供されていて、海宿食堂としてオープンされています。朝は7:30から10:00(LOは9:30)気になる朝定食お値段は900円です。更に、海岸線沿いの食堂です。なんと、ウエットスーツのままでも食事がOKとのことですが、砂はキチンと落として下さいね。

また、ディナー営業もあり、17:00から21:00とサンセットタイムからオープン。一品料理から定食、アルコール、ソフトドリンクも用意されてるので、オレンジ色に光る海をバックに、非日常と異なる、湘南ならでは時間を過ごすことができるのも、「海宿グッドモーニング材木座」の魅力だと思います。

まとめ

鎌倉といえば、1月は初詣、6月のあじさい、7月海開き、11月の紅葉と一年を通して、観光地として全国から大人気の場所ですよね。「海宿グットモーニング材木座」さんは鎌倉駅から徒歩で20分はかかると思うことろにあります。そのためか、海、山と自然が近くに感じる、普段の生活から開放されるはずです。観光目的拠点としても十分考えて頂いてもいいかも。

波の音でめざめる、そんな朝を約束してくれます。

今回のご紹介は「海宿グットモーニング材木座」さんでした。最後までご覧いただきありがとうございました。また、イーサンの食べ歩きでお会いしましょう。それでは、素敵な良い日お過ごしくださいm(_ _)m ☆彡

Sponsored Links



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする